【副業を始めたい人必見!】副業開始マニュアル

目の疲れで悩んでいるあなたへ。ブルーライトの対策と改善法を紹介!

目の疲れで悩んでいるあなたへ。ブルーライトの対策と改善法を紹介! 体調管理

どうも!ニシドラ(@nishidorablog)です。

現代人にとってPCやスマホは必須アイテムになっていて、使っていると「最近、目が疲れているな…」と感じる方がいると思います。

目を疲れさせている原因は「ブルーライト」という、可視光の中でも強力なエネルギーを持っている光だったんです。

ブルーライトが人に与える悪影響については、【疲れ目の原因!?】ブルーライトが人に与える悪影響を解説でまとめています。

この記事では、「目の疲れを取りたい!」という方に向けて、ブルーライトから目を守る方法目の疲れを取る方法を解説します。

スポンサーリンク

ブルーライトから目を守る方法

PC・スマホから距離を取る

PC・スマホを見る距離を離すことで目の疲れ対策ができます。

画面に近すぎると、「毛様体筋(もうようたいきん)」と呼ばれる水晶体を調整してピントを合わせる筋肉を酷使してしまいます。
その結果、眼精疲労やドライアイなどの症状が出てしまいます。

どのくらい離せば良いかというと、

  • スマホの場合は30~40cm
  • PCの場合は50~60cm

この程度画面から距離を離すことで効果が期待できます。

画面の明るさを調整する

PC・スマホの画面から出る光量を減らすことで目の疲れ対策ができます。

  • スマホ(iPhoneとアンドロイド)は「画面設定」から明るさを調整できます。
  • Windows10の場合
    キーボードの「Fn」+「F8」or「F9」で変更することができます。
    F8で画面を暗くし、F9で画面を明るくします。
  • Macの場合
    メニューバーのアップルマークから「システム環境設定」を開き、「ディスプレイ」を選択します。
    ディスプレイの設定画面から「輝度」のスライダーを動かすことで明るさを調整することができます。

ブルーライトカットのメガネ・フィルムを使用する

ブルーライトカット効果のあるフィルム・メガネを使用することで目の疲れを軽減することができます。

メガネショップの「JINS」では2017年のリニューアル以降ではブルーライトのカット率「25%」と「40%」の2種類から選ぶことができます(度入り)。

実際に僕も「JINS」のブルーライトカット効果のあるメガネを持っているのですが、裸眼で画面を見るときより、目の疲れが少ないように感じます。

また、画面に直接貼る「フィルム」も対策としてオススメです。

カット率もメガネより高いものが多く、メガネ・フィルム両方使えばかなりのカット率が見込め効果絶大です!

休憩を取る

いちばん簡単な方法はこまめに休憩を取ることです。

1時間ごとに5~10分程度の休憩をはさむことで、眼精疲労のリスクが減少します。

「仕事中休憩なんてできない!」という方は次の「目の疲れを和らげる方法」を実践してみてください。すごく簡単にできます。

目の疲れを和らげる方法

遠くと近くを交互に見る

遠くを見ることで目の疲れを和らげることができます。

長時間、PCやスマホを見ていると、ピントを合わせる筋肉である毛様体筋が疲労します。

方法は、「3m以上遠くのもの」と「30cm程度にある近くのもの」を10秒間隔で交互に見ることです。

そうすることで、こわばった毛様体筋をほぐすことができ、目の疲労を和らげることができます。

目頭のマッサージ

目頭を指で押すことで目の疲れを和らげることができます。

目頭には目の疲労を和らげる効果があるツボが多数あります。ツボを押すことで血行が促進され、目の疲れを取ることができます。

目を温める

蒸しタオルで目元を温めることで目の疲れを取ることができます。

目を温めると凝り固まった目の筋肉がほぐれ、血行を促進します。
その結果、目の疲れを安らげることができます。

タオルを水で濡らし、電子レンジで1分間加熱します(ワット数はお好みで)。
目に乗せてもやけどしないくらいに冷めたら、目を覆うように蒸しタオルを乗せ、5分ほど温めてください。

「蒸しタオル作るの面倒だな」という方は、入浴時にお湯でタオルを濡らして目を温めても効果があります。

ニシドラ
ニシドラ

準備すべてが面倒くさい!」という方は「ホットアイマスク」を使いましょう。

おすすめは充電式のホットアイマスクです。

You&Me ホットアイマスク USBアイマスク 繰り返し 目の疲れ クマ 温度 タイマー 設定可

You&Me(ユーアンドミー)

充電式で何度でも使えます。
使い捨てのホットアイマスクを買うより断然お得なのでおすすめです。

さいごに

今回は、目の疲れを対策する方法、改善する方法を解説してきました。

現代では、デジタル化が進んでいてPCやスマホを使わない日はありません。
目に疲労がたまってしまうことは仕方がないことです。

しかし、対策・改善をしないと「視力の低下」や「若年性の老眼」につながってしまいます。

将来的に困らないように、「から実践」することが大切です。

目の疲れを取ることで仕事や勉強の効率も上がりますので、この記事で紹介した方法を是非試してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました