【副業を始めたい人必見!】副業開始マニュアル

【退職したい方へ】会社を辞めようか迷っている方の背中を押す言葉

【退職したい方へ】会社を辞めようか迷っている方の背中を押す言葉 働き方

どうも!ニシドラ(@nishidorablog)です。

就職したけど、今すぐにでも会社やめたい…」と思っている方はいませんか?
このように思っている方は、同時に「会社を辞めて良いのだろうか?」とも悩んでいると思います。

ニシドラ
ニシドラ

1年前の僕も同じように思っていて、休憩時間になるとツラいことから逃げてることを肯定するような記事をスマホで読み漁っていました…。

僕がそうだったように、人は何かにすがりたい気持ちのときってあると思います。

なので今回は、僕と同じようにツラくて社を辞めようか悩んでいる方の背中を押すような言葉を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

ブラック企業は速攻で辞めた方が良いよ。

この記事を読んでくれている方は、「自分がブラック企業で働いている」という自覚があるのではないでしょうか。

結論から言います。

ブラック企業で働いている場合は速攻で会社を辞めましょう。
ブラック企業で働いていても、ただ精神・気力・体力を消耗するだけで続けていても何も良いことはありません。

「続けていれば成長できるかも…」や「職場の人に迷惑がかかる…」と考えているのであればその考えは捨てましょう。

僕はあなたに問いかけます。

この会社じゃないとダメな理由はありますか?
自分がツラくてやめたい気持ちと職場の人の気持ち。どちらが大切ですか?

答えは明白。
日本にはたくさんの会社がありますし、自分の気持ち以上に大切なことはありません。

ブラック企業で働いている自覚がある場合はすぐ辞めましょう。

自分の職場がブラックなのか判断付かない」という方は、【1つでも当てはまれば今からでも辞めるべき⁉】ブラック企業の7つの特徴を読んで参考にしてみてください。

やりたいことがある場合は辞める準備をしよう。

○○をやりたいけど今は仕事が忙しいし…」や「仕事を辞めると親はがっかりする…」とやりたい仕事から逃げていませんか?

できない理由ばかり考えて、「自分にはできない・」

理想から逃げることは良いことではありません。

理想の自分になれる可能性が失われてしまいます

やりたいことがあるのであれば辞める決心をしましょう。
ですが、辞める決心をする前に1つ注意する点があります。

それはお金の問題です。

会社を辞めて、いざやりたいことをやろうと思っても大抵は準備期間が必要です。

この準備期間中に貯金が尽きてしまうと、生活のためにやりたい仕事とは別の仕事をつなぎでやらなければいけない…という状況になってしまいます。

せっかくやりたいことのために仕事を辞めたのに、別の仕事をしていてはもったいないと思いませんか?

なので、仕事を辞める前に貯金をしてから仕事を辞める準備をしましょう。

1年後に続けている自信がなければ辞めよう。

1年後に今の会社で働いているビジョンが見えないのであれば辞めて良いです。

1年後のビジョンが見えないということは、今の会社での不満点や待遇が解消する見込みがなく、いつかは辞めてしまっているということだと思います。

いつか辞めてしまう」の”いつか“が”“になるだけで辞めることに違いはありませんよね?

もちろん、今の会社で頑張った方が良い場合もあります。
ですが、頑張っても仕方がない場合もあります。

惰性で働いていては何も特しません。

会社への恩は捨てよう。辞めた後に恩は残りません。

就職活動を頑張って、1番始めに内定をもらえたのが今の会社。
入社する前は「せっかく内定をくれたこの会社で一生懸命頑張ろう!」と思うものです。

入社してからは一生懸命頑張って、毎日クタクタになるまで働き、家に帰ってからはご飯を食べて風呂に入り寝るだけ。

こんな生活が嫌でも、「せっかく内定をくれたこの会社に恩があるから…」や「生活がかかっているし…」という理由で辞めにくい状況ってあると思います。

ニシドラ
ニシドラ

実際に僕も入社した会社に恩を感じていましたし、上司や同僚にお世話になり辞めづらい状況にありました。

ですが、辞めて言えることがあります。

それは、「辞めた後に恩は残こらない」ということです。

辞めてしまえば会社との関係はなくなりますし、上司や同僚とのつながりもなくなります。
辞めたいのに、目に見えない雰囲気や恩を気にしていては辞めるタイミングを見失って成り行きで働く羽目になります。

会社や人のことを考えず、自分の気持ちを尊重しても良いのではないでしょうか。

まとめ

今回は、会社を辞めようか迷っている方の背中を押すような言葉を書いてきました。

ツラい現実から逃げてしまっても大丈夫です。
仕事を辞めても死ぬことはありません。

ですが、辞めるのであれば最低限「辞めた後のこと」は少しでも考えておきましょう。

ニシドラ
ニシドラ

ノープランで仕事を辞めてしまっては、行き当たりばったりになって辞めた後の対応が遅れてしまいます。

具体的には、「何をしたら理想の自分に近づけるのか」と「どういうプロセスを踏めば良いのか」を考えておけば良いと思います。

そうすれば、辞めた後あなたが何をすれば良いのかわかりますし目標にもなります。
目標があれば理想に向かって努力することができます。

書いた言葉のどれかがこの記事を読んでくれた方の心に刺さってくれたらうれしいです。

「どうしても会社が辞めづらい」という方は、退職代行サービスを利用してみてはどうでしょうか。

退職代行サービスとは、本人に代わって会社に退職の意思を伝えてくれるサービスのことです。
退職代行サービスを利用したときのメリットやデメリットについて知りたい方は、退職代行サービスとは?本当に退職できるの?失敗することはある?を読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました