【副業を始めたい人必見!】副業開始マニュアル

【貧乏人】お金がない人の特徴と無意識にやっている行動と習慣

【貧乏人】お金がない人の特徴と無意識にやっている行動と習慣 お金の使い方

どうも!ニシドラ(@nishidorablog)です。

収入はそれなりにあるのに「貯金ができない」を悩んでいる方はいるのではないでしょうか。
節約も心掛けているのにどうしても貯まらないと…。

その理由は簡単です。
お金がなくなる行動や習慣がついてしまっているからなのです。

お金を貯める努力はしているけど、あなたの把握できていないお金が存在したり、無意識にお金を使っていることが原因です。

お金に無頓着な生活はやめて、無駄遣いしない工夫をしましょう。
そのために、お金がない人が無意識にやっている行動と習慣を紹介しますので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

お金がない人が知らずにやっている行動・習慣

クレジットカードで買い物をしている

クレジットカードで買い物をしている

クレジットカードって便利ですよね。
現金を持ち合わせていなくても買い物ができますし、カード番号を登録しておけばインターネットで買い物もすることができます。

ですが、クレジットカードばかり使っているとお金が貯まりません。
その理由は「お金を使った感覚」がなく、どんどんお金を使いこんでしまうからです。

現金であれば、持ち合わせた金額分の買い物しかできませんし、どれだけ使ったのかが見て確認できます、

しかし、クレジットカードは感覚的にしか使った金額がわからず、後から明細を確認しなければどれだけ使ったのかがわかりません。

引き落とし回数も指定できるので、1度に支払い額は少なくなりますが支払いを後回しにしているだけです。

あえて、言い換えると借金とほぼ同義です。
借金の額が多ければ多いほど返済は大変ですしお金が貯まりません。

お金を使い過ぎないためにも現金で買い物をすることをおすすめします。

ニシドラ
ニシドラ

僕もクレジットカードは持っていますが、店頭でカードを使っての買い物はしません。
ブログのサーバー代と細かな有料会員の支払いだけに使っています。

銀行口座から何度もお金を引き出している

銀行口座から何度もお金を引き出している

「お金を銀行口座から必要な分だけ引き出す」というのは、お金の無駄遣いをしないための工夫として良いことだと思います。

ですが、銀行口座からお金を引き出すときに「手数料」がかかっていることを知っていますか?
お金を引き出した回数分だけ手数料がかかってしまうんです。

1回で110円や220円ほどの手数料です。
ひと月に1~2回程度なら許容範囲だと思いますが、何度も引き出してしまうと、手数料だけで1000円~2000円とかかってしまうことになります。

年単位で考えてみると、1年で1万円以上の手数料がかかってしまうことになります。

何もせず出費を増やしていては、かなりもったいないと僕は思います。

ですが、お金を引き出すときにかかる手数料は工夫次第で減らすことができます。

手数料を抑える方法として以下の4つの方法があります。

  1. 平日の昼間(手数料が安い時間帯)にお金を引き出す
  2. 一度に引き出す金額を多くする
  3. コンビニのATMを使わない(別の銀行口座で引き出すと手数料が割り増しになるため)
  4. 手数料が無料の銀行を選ぶ

どれもあなたが意識するだけで簡単にできるものだと思います。
手数料がもったいないと思うのであれば実践してみてください。

コンビニや自動販売機で飲み物を買っている

コンビニや自動販売機で飲み物を買っている

外出していて、のどが渇くことってありますよね。
あなたはコンビニや自動販売機で、コーヒーやお茶などの飲料水を買っていませんか?

実は、この外出先で飲み物を買っていしまうこともお金の無駄遣いです。

僕の実体験なのですが、会社員時代に休憩時間と帰宅時に1本づつの合計2本のペットボトル飲料を買っていました。
金額にして300円ほどです。

当時勤めていた会社を辞めて1年ほど経つのですが、この300円がもったいなかったと今になって感じてます。
1年でどれくらいの金額を使っていたのか計算してみると、約7万円もの金額をペットボトル飲料に使っていたことがわかりました。

ニシドラ
ニシドラ

7万円って相当多い金額ですよね…。
当時は精神的に参っていて、無駄遣いをしている自覚さえありませんでした。

7万円もあれば、ブランド品の洋服や良いスペックのノートパソコンだって買えます。

1日たった300円の出費かもしれませんが、我慢するだけで7万円も貯まるのですから、外出先で飲み物は買わず水筒に入れて持ち歩く癖をつけてみましょう。

まとめ:お金がない人の特徴

まとめ

お金の使い方って難しいですよね。

生活のためには必要不可欠です。
生活費を気にせず生きている人もいると思います。

ですが、お金がない人達もたくさんいます。

収入はあるのにお金がない人の1つの特徴としてあげられるのは、「無駄遣いしている」ことです。

無駄遣いといっても、「アニメのキャラのフィギュアを大人買いした」や「ギャンブルで大損した…」というような類のものではなく今回紹介したような、「節約できるのにしなかったがために出た出費」のことです。

紹介したように意識次第で、お金がない・貯まらないという状況は解消できるのです。

この記事で紹介した方法を試すだけでも1年間で約10万円は節約できて、貯金にあてることができます。
良ければ実践してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました