【副業を始めたい人必見!】副業開始マニュアル

【大人の趣味】読書が休日に一人でできる趣味として最高な理由

【大人の趣味】読書が休日に一人でできる趣味として最高な理由 趣味

どうも!ニシドラ(@nishidorablog)です。

ニシドラ
ニシドラ

何か趣味を持ちたいけど何がいいの?」や「一人で始められる趣味を探している」という方におすすめな趣味の、読書について紹介します。

読書を趣味にするメリットとして以下のようなことがあげられます。

  • 一人でも始めやすい
  • 新しい価値観に触れることができる
  • 知識が増える
  • 作者の体験を疑似体験できる

読書は一人でも始めることができ、書籍代はかかりますが知識が増えて賢くなれます。
書籍版・電子版どちらも手元に残るので、本の内容を忘れてしまってもあとから読み返すことができる点が優れている点です。

ニシドラ
ニシドラ

みんなでワイワイ楽しく遊んだり、飲みに出かけることも大切ですが、「読書している時間こそ成長できる1番大切な時間」と僕は思います。

この記事では「どうして読書が最高な趣味なのか」を考察してみます。
デメリットもありますが、費用対効果が段違いなので一応紹介しますが流し見程度で構いません。

スポンサーリンク

趣味を読書にするメリット

知識が増える

知識が増える

読書をすることで知識が増えていきます。

知識が増えることで生産性が増し、「こういうときは○○だな」「××にした方が良いな」というような最適な回答を判断できるようになります。

問題や悩みを解決できる

問題や悩みを解決できる

何か問題に直面する前に知識を得ることでスムーズに問題を解決することができるだけでなく、問題が発生したときに問題解決のヒントを本から得ることができます。

また、悩みや問題を解決するために「 調べる力」が付きます。

調べる力が付くことで、効率よく悩みや問題を解決することができるようになります。

作者の経験を疑似体験できる

作者の経験を疑似体験できる

本は作者が経験してきた・考えたことが書いてあります。

なので、作者の経験を疑似体験できるといっても過言ではありません。
実際に作者と同じ体験をするのには、どれだけの時間・お金が必要なのかわかりませんが、ほぼ不可能なことです。

ニシドラ
ニシドラ

そんな濃厚な経験をたった数千円払い数時間読むだけで体験できるのはとても贅沢なことだと思います。

作者の失敗談・成功談を読んで、「成功するには○○をすればいいのか」「××をするとだめなのか」というように成功するためのビジョンが見えて、成功への近道になります。

新しい価値観に出会える

新しい価値観に出会える

僕は会社を辞めて数カ月間は何をしていいのかわからない日々を過ごしていました。

そんなときに、たまたま立ち寄った「BOOK-OFF」でノマドワーカーについて書かれた本を見つけて立ち読みしました。

当時の僕は「大学に行って会社に勤めること」が絶対に正しく、それ以外の人生はありえないことだと思っていました。

しかし、その本には企業に属せずに自分の力で稼ぐすべや海外を転々としながら働くことについて書かれていて、僕は雷に打たれてような衝撃を受けました。

この本を読んでから、「新しい会社で働こう」と考えていた自分から、「自由な働き方」を目指す自分に変わっていました。
フリーランスとして働くことを目標にしたのはこのときです。

僕はこの経験から、読書をすることで新しい価値観に触れることができると感じました。

また、新しい価値観を自分の中に取り込むことで、自分の成長スピードがアップしたり自分が歩むべき人生が鮮明に見えてくるかもしれません。

趣味を読書にすることで起こるデメリット

本の内容が間違っていることがある

本の内容が間違っていることがある

本の内容が間違っていることが多々あります。

大抵の場合は、アマゾンや楽天市場などのレビューを見ればわかりますので、本を買うときに見ることをお勧めします。

また、本の内容が古いものもあるのでなるべく発行年数が新しい本を選びましょう。

ニシドラ
ニシドラ

「作者の経験を疑似体験ができる」でも書いたのですが、作者の成功体験を実際に再現しようと思っても、再現できないことの方が多いことは覚えておきましょう。
作者のマネすればすべてうまくいく…というほど世の中は甘くありません。

読むのに時間がかかる

読むのに時間がかかる

社会人であれば多少お金のことを気にしなくても良いですが、問題は1冊読むのに時間がかかってしまうことです。
読書をする時間ない」という方もいるのではないでしょうか。

仕事が忙しくて読書をする時間が取れない方は、朝に読書をしましょう。
俗に言う朝活です。

いつも起床している時間より30分早く起きて、コーヒーを飲みながら読書をする…めちゃくちゃオシャレじゃないですか?
客観的なオシャレよりも、読書をすることで脳が活性化するので、仕事の効率もアップします。

新しい知識を得ながら、仕事の効率もアップするので一石二鳥です!
読書最高ですね。

もしくは、通勤中に読書をするのもおすすめです。

ニシドラ
ニシドラ

睡眠時間が取れないほど忙しいのに睡眠時間を削ってまで読書をすることはやめましょう。
人間の最適な睡眠時間は6~7時間ほどなので、6時間未満の睡眠しかとれない場合は、無理して読書をする必要はないと思います。

目が疲れる

目が疲れる

読書をしているとどうしても目が疲れてきます。

2014年に文化庁が「国語に関する世論調査」と題して国語の関心がどれくらいあるのかを調査したものによると、読書をしない理由として、「視力の低下・目の疲れ」が2番目に多かったのです。

このことから、日本人の読書離れは視力の悪化を危惧していることがわかります。

視力の悪化を防ぐには、明るい場所で適度に休憩を挟みながら読書をすることをおすすめします。

視力が悪くなる原因として、目の筋肉を過度に使っていることがあげられます。
上記以外にも目と本の距離が近すぎない・離れすぎないことが大切で、読書は適度な距離を取ってしましょう。

まとめ

まとめ

どうして読書が最高な趣味なのかについて書いてきましたがいかがでしたか?

より成長するには読書が大切だということがわかったと思います。

突然ですが、1つの名言を紹介します。

ウォーレン・バフェットというアメリカの投資家で「投資の神様」と呼ばれるような方がいるのですが、この方がこのように話されています。

何よりも自分自身に投資しなさい

ニシドラ
ニシドラ

この言葉の意味を僕は「成長するために時間やお金をケチってはいけない」と解釈し、

実践しています。

デメリットも確かにありますが、デメリットを補うだけのメリットがあります。
あなたも自己投資だと思い本を買って読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました