【副業を始めたい人必見!】副業開始マニュアル

【退職後】仕事を辞めた後に困らないためのやることリスト

【退職後】仕事を辞めた後に困らないためのやることリスト 働き方

どうも!ニシドラ(@nishidorablog)です。

退職した後って何をしたら良いのかわからないし、将来について不安ですよね。

僕も退職した後はどうしたら良いのかわからないし、「今後の人生どうなるんだろう…」と不安だらけでした。
ですが、この記事で紹介する「やることリスト」を実行することで、やるべきことがわかり不安が和らぎました。

そこで今回は、仕事をやめた後に困らないためのやることリストを紹介します。

20代で初めて退職した方はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

退職後にやることリスト

前職で得たスキルや経験をまとめておく

前職で得たスキルや経験をまとめておく

退職直後は苦しいかと思いますが、前職で何をしてどんなスキルや経験をしたのかをまとめておきましょう。

なぜまとめるのかというと、再度就職活動をする際に、職務経歴書を書くことになるからです。

職務経歴書とは、あなたが行っていた職務内容と職務の中で培ったスキルや経験を、次の就職先の方へアピールするための書類です。書き方に決まりはなく、職務経歴や自己アピールなどを自由に書きます。

いざ、書いてみようと思っても、記憶から抜けていたり曖昧になっているので、思い出す作業から始めるこのになります。

ニシドラ
ニシドラ

僕は退職して1年以上経って就活を始めたのですが、記憶が薄れていて全然書く内容が浮かびませんでした…。
働いていたときのメモ帳を部屋の棚から引っ張りだして、なんとか書きあげることができました。

職務経歴書を書くのが大変にならないように過去にあったことを思い出して、事前に仕事を通じで得たスキルや経験をノートなどにまとめておきましょう。

退職後にハローワークで失業保険の手続きをしよう

退職後にハローワークで失業保険の手続きをしよう

退職後に失業保険の手続きをするために、以下のものがそろったら必ずハローワークに行きましょう。

  • 本人確認証明書(免許証やマイナンバーカードなどの身分を証明できるもの)
  • 雇用保険被保険者離職票(退職した会社から受け取るor郵送されてくる)
  • 失業保険を受け取る予定の金融機関の通帳、キャッシュカード(口座番号が分かればOK)
  • 印鑑
  • 証明写真(ハローワークに撮影機がありますので現地調達でOK)

受付で失業保険の手続きに来たことを伝えると、申請用紙を渡されると思うので、案内に従い必要事項を記入します。

用紙を書いた後は、職員の案内に従い手続きが終わると、受給資格を得ることができます。

失業保険は、あなたが以前勤めていた会社で受け取っていた月収の約6割程度を3カ月間受け取ることができるのですが、注意してほしいポイントがあります。

注意してほしいポイントとは、自己都合退社の場合失業保険が支払われるのが3カ月先であることです。

なので、失業保険に頼らなくても大丈夫なくらい貯金を貯めておかないと、生活できないかもしれません。
失業保険をあてにしようと考えている方は気を付けてください。

ニシドラ
ニシドラ

失業保険を受け取る前に就職できると、支払われる予定だった金額の6or7割を「再就職手当」として受け取ることができます。
生活費に困るような方は、再就職手当を目当てに就職活動をしましょう。

貯金残高の確認

貯金残高の確認

退職後は必ず貯金残高を確認しましょう。
辞めた後の無給状態での生活を考えると、無駄遣いはできません。

なぜかというと、住民税の支払いがあるからです。

会社で働いていたときは、会社が給料から住民税の分だけ天引きされているので意識することがあまりないと思います。
ですが、会社からの報酬がなくなると住民税を自分で支払わなければいけません。

意外と厄介な出費になります。

住民税の対象期間は1月1日から12月31日までに得た収入から決まり、4月の終わりに頃に仕事を辞めた僕は、約8万円を4回に分けて支払っていました。

収入がない中で定期的に約2万円の支払いは痛い出費でした。

あなたにも必ず住民税の支払い通知が届くはずなので、お金は大切に使い、住民税の金額分先に間引いておいた方が良いと思います。

退職後に人生設計をする

退職後に人生設計をする

僕が1番伝えたいことです。

退職後にあなたが目指す人生。
つまり、理想の人生を歩むことができるように人生設計をしましょう。

あなたの好きなことは何ですか?

好きなことを仕事にしたいのであれば、そのために何をしたら良いのかどんな努力をしたら良いのか何を目指すべきなのかを考えましょう。

今のあなたに足りないものもあるでしょう。
その足りないものを得るための努力が今後の人生にとって大切なのです。

僕は「通勤したくない・人とかかわらない仕事がしたい」という思いで、FX、プログラミング(HTML/CSS)、ブログを始めました。

結果的にFXは惨敗し退場、プログラミングは上達しませんでしたが、ブログが続けられています。

今では、ブログで生活できるように頑張っています。

僕の人生失敗ばかりですが、失敗の中にも希望の光が見えてくるのが人生です。
数多くの失敗の中から、あなたが成功できるものを努力して伸ばしていけば良いだけ。

言い換えれば、早いうちに挫折感を味わえば、それだけ成功のチャンスが増えるのです。

正直に言います。あなたは仕事選びに失敗しました。

ですがその経験から学び、あなたの理想の人生を歩めるような計画をたてることで挽回できるはずです。

まとめ:ゆっくり考えても大丈夫です。

まとめ

退職後に焦って就職しても、また短期間で辞めてしまうかもしれません。

長く続ける・収入アップのために将来についてゆっくり考えても良いのではないでしょうか。

実際、僕はゆっくり考えました。
ゆっくり考えることで、理想の将来について考えがまとめられましたし、理想に近づけるための努力をすることができました。

この努力は、焦って就職していたらできないことでした。

退職後はゆっくり考える時間を設けても良いと思います。

中途半端にならず、全力で取り組めるようなものを見つけてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました