【副業を始めたい人必見!】副業開始マニュアル

【節約術】ペットボトル飲料を買わないだけで7万円の節約になる話

【節約術】ペットボトル飲料を買わないだけで7万円の節約になる話 節約

どうも!ニシドラ(@nishidorablog)です。

あなたは1日に何本のペットボトル飲料を買いますか?
2~3本買っていたりしませんか?

実はそれ…かなりもったいないんです…。

去年の5月に仕事を辞めてもう少しで約1年になるのですが、当時の僕はペットボトル飲料を午前と午後にそれぞれ1本ずつ買っていました。

値段にすると2本合わせて300~400円くらいでしょう。

この生活を週5で送るとペットボトル代だけで1500~2000円はかかってしまいます。
もったいないと思いませんか?

ニシドラ
ニシドラ

当時は当たり前に買っていましたが、家で仕事をするようになりかなりもったいなかったと感じています…。

そこで今回は、1日2本のペットボトル飲料を買っていた僕が、在宅勤務に切り替えてペットボトルを買わない生活を送ってどれだけ節約できたのかをシュミレーションしてみます。

また、「どうしても飲み物を買わないといけない!」という方に向けて節約方法も紹介していきます。

スポンサーリンク

1日2本買う生活だとどれくらい費用がかかるの?

それでは計算してみましょう。

計算するにあたって以下の条件を決めました。

計算条件

1つずつ確認します。

  1. 1日2本のペットボトル飲料を買う
    1日に150円のペットボトル飲料を2本買います。1日の出費を300円で計算します。
  2. 1週間で5日間の勤務
    日本で一般的な週休2日の生活を送っている方を想定します。
  3. 1年間で勤務日数が245日
    土日祝日を合わせると、一般的な社会人の1年間の休日日数は120日になります。なので、365-120=245日で計算します(うるう年は想定しません)。

この条件で計算します。

1日の出費(300円)×1年間の勤務日数(245日)=73500円

ペットボトル飲料を1日2本買っていると、7万3500円の出費になります。
約7万円ってすごくないですか?

7万円あれば旅行にも行けますし、家族や友人とショッピングや食事など様々なことができます。

ニシドラ
ニシドラ

今の僕だったら、好きなだけ本を買います。
当時の僕に「ペットボトル飲料買うのはもったいないぞ…」と言ってやりたい…。

1日の出費は300円かもしれませんが、1年で約7万円、10年で約73万円の出費になります。
どれだけお金がかかっていたのかわかってもらえたと思います。

次に節約方法を紹介します。

節約方法

水筒を持ち歩く

ペットボトル飲料を買わず、自宅から水筒に飲み物を入れ、持ち歩けばかなり節約になります。

スーパーやコンビニに行けば、2リットルのお茶が1本200円以下で買えます。
お茶を水筒に入れて持ち歩けば、数日間は買わなくて済みますし、外で買わなくなると思います。

「カバンが重くなるのが嫌だ!」という方もいるでしょう。
そんな方には、タイガーのステンレスボトルをおすすめします。

タイガー 水筒 500ml サハラ マグ ステンレスボトル 軽量 アイスホワイト MMZ-A501WS

ステンレス製なので、丈夫でサビることがありません。
約230グラムとかなり軽量です。

このステンレスボトルは重さが230グラムしかありません。
アイス・ホットどちらとも対応していて季節を問わず使える点が良いですね。

サイズも350・500・600ミリリットルと3種類あるので、自分が1日に飲む量によってサイズを選びましょう。

また、カラーバリエーションも豊富で8種類の中から選ぶことができます。
デザインがおしゃれな点もおすすめできる点です。

この水筒を買い(約3100円)、1日500ミリリットル(2リットル飲料200円÷4=50円)だとすると、

水筒代(3100円)+1日の出費(50円)×1年間の労働日数(245日)=15350円
ニシドラ
ニシドラ

水筒を持ち歩くようになるだけで、約6万円の節約になりました!

ペットボトル代を節約したいのであれば、水筒を持ち歩くようにしましょう。

ペットボトル飲料を1本だけ買う

「水筒を持ち歩くようになったけど、ジュースやコーヒーが飲みたい…」という方は我慢せずに買いましょう。

ですが、1日1本だけです。

1年で約3万5000円の節約になるので、どうしての飲みたいものがあれば買っても良いと思います。

まとめ

ペットボトル飲料を買わないだけでどれだけお金の節約になるのかについて解説してきました。

僕自身、会社で働いていたときは考えもしませんでしたが、ペットボトル飲料を買わないだけで約7万円も節約できることに驚きました。

今回は300円で計算しましたが、もし1日の出費が400円だった場合、計算してみる約10万円も1年で消費していることになります。

ニシドラ
ニシドラ

ちりも積もれば山となる…。

この記事を読んで「私もペットボトル飲料買わないで水筒を持ち歩こう!」と思ってもらえたならうれしいです。

節約できた7万円の有意義な使い方を考えてみたので、気になる方は、7万円で買えるものは?最高に有意義な使い方を考えてみた!を読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました