【副業を始めたい人必見!】副業開始マニュアル

確定申告が必要な人ってどんな人?しなかった場合ペナルティはあるの?

確定申告が必要な人ってどんな人?しなかった場合ペナルティはあるの? 副業

どうも!ニシドラ(@nishidorablog)です。

「副業を始めたものの、収益が少ないし確定申告必要ないかな?面倒くさいし…」と思うことってあると思います。

副業が軌道に乗っていないときはこう思ってしまいがちです。

ニシドラ
ニシドラ

確定申告を個人でしたことがある方は知っていると思いますが、手順が多くて面倒くさいんですよね…。

実は、副業で得た収益が少なくても、収益が発生した場合は確定申告が必要になります。
その反対に、収益が発生していたとしても確定申告が不要方もいるのです。

収益が発生しているのに確定申告が必要な方と不要な方の違いは何なのでしょう。

この記事では、副業をして確定申告が必要な方と必要ない方の違いと確定申告をしなかった場合にどのようなペナルティがあるのかを解説します。

【副業を始めたい人必見!】副業開始マニュアル

スポンサーリンク

確定申告の仕組み

確定申告が必要な場合

冒頭でも書きましたが、副業での収益が少額でも発生している場合は確定申告が必要です。

理由は簡単、副業で得た収益も「所得」だからです。

「会社で年末調整をしてくれるから、確定申告必要ないだろう…」と思ってしまいますが、所得税はすべての所得に対してかかるものです。
副業で得た収益分の所得税を納めていなかった場合、ペナルティがあります(後述)。

なので、副業をしている場合は、会社での年末調整の他に個人での確定申告が必要になります。

確定申告が必要ない場合

副業により収益があるにも関わらず確定申告が必要ない方というのも実際にいます。

実は、副業で得ている収益が「給与所得」や「退職所得」以外で、合計金額が20万円以下の場合確定申告は不要になります。

給与所得とは、給料・俸給・賃金・歳費・賞与などの所得のこと

細かくまとめると以下のようになります。

収益が給与所得または退職所得以外で支払われていて、年間所得が20万円以下の場合

年間所得が20万円以下でも確定申告は必要

年間の所得が20万円以下であれば確定申告をしなくて良いと考えている方がいますが間違っています。

先述したように、副業の収益が「給与所得または退職所得」の場合は確定申告が必要になります。

ニシドラ
ニシドラ

副業としてアルバイトや派遣社員をしている場合は金額に関係なく確定申告を忘れずにしましょう。

確定申告をしなかった場合のペナルティについて

確定申告は前年に得た所得を、翌年の2月16~3月15日までに納付することになっています(2020年はコロナウイルスの影響で期日が4月17日まで伸びました)。

上記の期間を過ぎても確定申告を終わらせていない場合、ペナルティが発生します。
ペナルティとは「無申告加算税」と「滞納税」です。

期限後申告

期限が過ぎた後に確定申告をした場合、「無申告加算税」として15%~20%ほど納税額が大きくなってしまう可能性があります。

納税額を基準に、「50万円までは15%」「50万円を超えた分は20%」として追加で納税しなければいけません。

無申告加算税

ただし、税務署の調査が行われる前に自分の意志で納税した場合、15%が10%、20%が15%に割合が減ります。

期限後の申告であっても次の条件をすべて満たしている場合には、無申告加算税が課されません。

  1. 期限後から1カ月以内に自主的に確定申告が行われた場合
  2. 期限以内に確定申告をする意思があったことが証明できること
    〇:納付すべき税金の全額を納付していること
    〇:過去5年以内に無申告加算税を課されていないこと

申告の滞納

確定申告せずにいると、納付期日の翌日から2カ月経つまでに納税した場合は「7.3%」の滞納税が課されます。

また、納付期日から2カ月過ぎていると「14.6%」の滞納税が課されます。

ニシドラが確定申告をしなかった場合のペナルティを仮定してみる

僕が前職に勤めていた2018年の4月2日から12月31日までの収入が約250万円でした。

「確定申告をしなかった場合」と「確定申告が遅れた場合」にどれくらい納税額が増えてしまうのかを計算してみます。

所得税の金額は、所得税率から計算して「152500円」とし、3ヵ月後に納付したとします。

確定申告しなかった場合

確定申告をしなかったので、無申告加算税が課されます。

納税額が50万円以下なので、所得税に15%分プラスして課税されます。

152500+(152500×0.15)=175375円

(15%分)22875円を追加で課税されてしまいました。

ニシドラ
ニシドラ

15%といっても2万円以上なので、かなり税金で持っていかれました。
なかなかの金額です。

確定申告が遅れた場合

確定申告の期日から3カ月経っているので、滞納税が14.6%分追加で課されます。

152500+(152500×0.146)=174765円

(14.6%分)22265円を追加で課税されてしまいました。

ニシドラ
ニシドラ

無申告加算税と滞納税を合計して、約4.5万円も追加で課税されてしまいました…。

まとめ

今回は、確定申告が必要な場合・不要な場合の違いとどのようなペナルティがあるのかについて解説してきましたがいかがでしたか?

会社員や派遣社員、アルバイトなどの給与所得を得ている場合は必ず確定申告が必要になります。
確定申告しなくても良い場合もありますが、申告すること以上に確定申告をしないことのデメリットの方が大きいです。

実際に計算してみてわかりましたが、確定申告の仕組みを知らなかったり面倒くさがって確定申告しなかったりたら、かなりの税金を追加で払わないといけないようです。

ニシドラ
ニシドラ

少なくて約22%は追加で税金を払わなければいけません。
所得が多い方ほどペナルティが大きくなるので注意が必要です。

個人的には払わなくて良いお金を払っているような気がするので、確定申告の仕組みを覚えて必ず確定申告をするようにしましょう。

「会社に副業していることを隠していて確定申告ができない…。」という方は、副業バレするのが確定申告のタイミングである件についてを読んでみてください。

副業がバレてしまうタイミングと簡単にですがバレにくい確定申告の方法をまとめています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました